JavaScriptのクロスオリジン

CORS – Cross-Origin Resource Sharing

クロスオリジンとは、異なるドメイン間でJavaScriptなどのAjaxを行う方法です。

JavaScript側の設定

スクリプトの読み込みを行うタグで crossorigin="anonymous" を付ける。

<script src="http://example.com/js/ajax.js" crossorigin="anonymous"></script>

サーバー側の設定

JavaScriptファイルの送信ヘッダーに Access-Control-Allow-Origin ヘッダーを付加します。

<?php header("Access-Control-Allow-Origin: *"); ?>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です