JavaScriptのクロスオリジン

CORS – Cross-Origin Resource Sharing

クロスオリジンとは、異なるドメイン間でJavaScriptなどのAjaxを行う方法です。

JavaScript側の設定

スクリプトの読み込みを行うタグで crossorigin="anonymous" を付ける。

<script src="http://example.com/js/ajax.js" crossorigin="anonymous"></script>

サーバー側の設定

JavaScriptファイルの送信ヘッダーに Access-Control-Allow-Origin ヘッダーを付加します。

<?php header("Access-Control-Allow-Origin: *"); ?>

 

PHPのすゝめ – more better Python

Python前提のOSS辛い問題

Pythonで書かれたスクリプトを動かす時、一番困るのがバージョン間の問題で動かない問題。

これは辛い!!

PythonはPerlとは比較にならない読み易さなので、Python使うのは分かります。

でもPythonは、バージョン間の互換に問題があって辛いんです。

そこでPHPですよ!PHPはWebに特化している言語なのでWeb以外にはほぼ使われていないのですが、シェルスクリプトとしても十分な命令を備えているんですよ。

PHPはPerlより、圧倒的に読み易い!Pythonと変わらないかそれ以上です!

PHPはPythonより、圧倒的に互換性に強い!なんなら15年前のPHP4のソースコードも実行できそうです。

え?Perl使わないの?

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→ Perl辛い問題